7つの習慣

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

 

 

  

言わずと知れた名著。日本で発売されたのは30年前だが、新社会人を筆頭に今も人気。この本を共通言語にすれば色々な人と繋がれるし、上質なコミュニティにも入れるので、文字通り「成功への切符」と呼べる本かも。

 

(100文字で感想

 

 

【7つの習慣】

(著)スティーブン・R・コヴィー

 

世界に変化を望むなら、自分がその変化になるべき。そのために必要な7つの習慣は、第一から順に、決意→宣言→率先、態度→順序→止揚、そして休息。第六(止揚)が最も困難かつ重要で、他の習慣はそのためにある。

 

(100文字で名著

 


【パラダイム】

 

日本語にすれば「世界観」。その他の表現として、世界を認識する方法、現実受容システム、事実を解釈する過程、世界を眺めるレンズ、社会のルール、共有された一連の仮説、疑う余地のない暗黙の了解等が挙げられる。

 

(100文字で理解

 

 

【インサイド・アウト】

 

『7つの習慣』の前提となるパラダイム。外界を変えるために、まず自分が変わろうとすること。それがないと7つの習慣は機能しない。対義語のアウトサイド・インは、自分のために外界が変化してくれるのを待つこと。

 

(100文字で理解

 

 

【主体性を発揮する】

 

決意のパラダイム。第一の習慣。外界からの刺激と、自分の反応との間には、完全な自由が存在する。そこでの主導権を握り、自分が影響できる事柄だけに集中し、影響できない事柄には振り回されない、と決意する習慣。

 

(100文字で理解

 

 

【目的を持って始める】

 

宣言のパラダイム。第二の習慣。はしごをかけ違えていれば、何段昇っても間違った場所にしか行けない。どこにはしごをかけるかを決め、それをミッション・ステートメント(使命の宣言文)として自他に宣言する習慣。

 

(100文字で理解

 

 

【重要事項を優先する】

 

率先のパラダイム。第三の習慣。人生の質を最も高めるのは、「期限はないが、自分がやらなければならないこと」である。運動や自己投資、人間関係の構築など、それらの活動を正確に見極め、率先して行動に移す習慣。

 

(100文字で理解

 


【Win-Winを考える】

 

態度のパラダイム。第四の習慣。人間関係や取引においてプラスサムゲームを目指すこと。もしプラスサムゲームにできないときは、関係や取引自体を見直し、ゼロサムゲームやマイナスサムゲームを拒否する態度の習慣。

 

(100文字で理解

 

 

【理解してから理解される】

 

順序のパラダイム。第五の習慣。相手のパラダイムを理解するまで、自分のパラダイムの披露を慎むこと。信頼の低下に繋がりやすいパラダイムの押し付けを避けて、まず相手のパラダイムを理解しようとする順序の習慣。

 

(100文字で理解

 

 

【相乗効果を発揮する】

 

止揚(しよう)のパラダイム。第六の習慣。止揚は「高次元での統合」の意。人々が主体的になり、目的を持ち、重要事項を優先し、Win-Winを考え、相手を理解したときに生じる相乗効果は、奇跡的な成果を生む。

 

(100文字で理解

 

 

【刃を研ぐ】

 

休息のパラダイム。第七の習慣。木に向かって丸一日ノコギリをひき続けるより、適度な休憩を設けてノコギリの刃を研いだほうが、生産性は高まる。第一から第六の習慣を達成し続けるために、戦略的に休息をとる習慣。

 

(100文字で理解

  

 

※あなたの言語化能力を高める方法を教えます

 

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!